神経内科

多くの神経内科疾患の診療を行っています。
以下に代表的疾患を挙げます。

神経内科(診療科長): 玉城 充之

対象疾患Target Disease

脳血管障害

突然に起こる意識障害、運動麻痺、知覚異常、失調、言語障害が主な症状です。
当院の高い実績を誇る脳神経外科・脳神経血管内治療専門医とも密接に連携をとり、最適な治療方針を決定・実施しております。
また、回復期や長期の療養に関して地域の医療機関との連携をとり、すみやかに対応しております。

パーキンソン病

手や足のふるえ・体が固くなる・動きが遅くなる・などの症状がみられ、個人差はあるもののこれらの症状が次第に悪化するため、正確な診断と適切な専門的治療の継続が重要です。 当科の専門医は豊富な経験を持ち、最適な薬剤の使用と当院の優れたリハビリテーションスタッフとも密接に連携をとって、日常生活機能の改善を可能としています。

神経筋疾患

ギランバレー症候群、多発性硬化症、重症筋無力症、多発筋炎などの疾患にも適切に対応しています。

認知症

認知症は種々の病型があり、適切な鑑別と治療法の選択が重要です。
そのために専門的スタッフによる詳細な認知機能検査、特殊脳画像検査、脳波、睡眠時無呼吸検査が必須であり、一泊の入院精査を実施しております。

その他の特定疾患

神経内科疾患にはパーキンソン病以外にも脊髄小脳変性症など神経難病とよばれる、多くの特定疾患があります。 これらの疾患に対しても、正確な診断を行って、適切な薬物治療、リハビリテーションでの生活機能の改善を得ています。

てんかん

てんかんは脳神経細胞の過剰な発射によって生じるてんかん発作を主徴とする慢性疾患です。 てんかんの治療は長期にわたるので、発作の防止と生活の質の向上を目的に、最初の正しい発作型診断と適切な薬物の選択のうえで、定期的な検査などでの経過観察を行っています。

〒410-0022
静岡県沼津市大岡2835-7
055-922-8235