スポーツ整形外科

健康維持のための適度な栄養と運動は、年齢性別を問わず必要とされています。
また、スポーツを楽しむことは、現代社会においてストレスフリーな生活を送るためにも重要であるといえます。 しかし、残念ながら楽しいスポーツに外傷・障害はつきもので、Jリーガーなどのハイレベルなスポーツ選手はもとより、アマチュア選手にとっても問題となります。

担当医は清水エスパルスのメディカルディレクターとして、トップアスリートの健康維持管理を陰から支えてきました。
そこで培ったスポーツ医学を子供から中高年の方まで、地域の皆さんの健康維持・障害予防に役立てます。

スポーツ整形外科(診療科長): 福岡 重雄

対象疾患Target Disease

スポーツ外傷・障害

スポーツに起因するけがをはじめとして疲労骨折やover useによる慢性的な関節の痛みなど多岐にわたます。
発症後に一般病院・治療院等に通ったがすっきりしない場合もあるかもしれません。 そのような状態を見定めて適切な判断を下し、治療や予防の方向付けをすることがスポーツ整形外科の役割であると考えます。
まずは正確な診断をつけ、保存的加療や予防の指導を行った上で必要と判断する場合には手術的加療を行います。

スポーツ種目はサッカー・バスケットボール・柔道・野球・ハンドボールなどの選手が多く受診されておりますが、一般中高年のレクリエショーンスポーツの方も受診されております。

膝前十字靭帯断裂

一流スポーツ選手が受傷したケースの新聞報道などで名前は聞いたことがあると思いますが、 前十字靭帯というのは大腿骨と脛骨を結ぶ靱帯で、内側、外側側副靱帯、後十字靭帯とともに、膝の制動を行う索状の関節内部にある靭帯です。
外からは触れません。後十字靱帯とちょうど十字に交叉することから名付けられています。

急な捻りに対して膝を制動しています。ジャンプの着地、急な方向転換、急停止などの急な減速を伴う動作時に膝がずれた(膝くずれ)感触があり、ほとんどすべての例で直後に転倒します。

膝の中で何かがはぜたような音がするだけの場合、あるいは軋轢感(ゴリッ、ゴキゴキ、グリグリなど)が感じられる場合などがあります。 これだけあればまず前十字靭帯断裂を強く疑ってください。

軋轢音が感じられる場合には半月板損傷や軟骨損傷を伴っていることが多いようです。

半月板等のダメージが軽い場合には受傷後 1~2ヶ月もすると膝に痛みを感じることはほとんどありません。

そんなわけで従来“膝関節の捻挫“と診断されて放置されていること も多く、専門医でなければ診断できないことがあります。

治ったと思ってスポーツを再開すると些細な動作で膝くずれを起こし、さらに半月板損傷等が悪化します。

この前十字靭帯を治すには手術をするしかありません。 筋力・バランス力を鍛えて控えめに暮らすという選択肢も理論的には成り立ちますが、スポーツをするという観点からは手術以外の選択枝はないと思います。

インターネット検索などで靱帯再建の素材として、多くは膝屈筋腱(内側ハムストリング=半腱様筋腱・薄筋腱)を用いると書いてあると思います。

私の経験では膝屈筋腱による再建靱帯は明らかな外傷もないまま時の経過とともに緩んで行く例が少なくとも5%ありました。 この静岡県中部における25年間の自らの経験から私が得た結論は、靱帯再建の素材として膝屈筋腱は不適切であり、膝前方の腱(膝蓋腱)が最適であると言うことでした。

一般的にはこれを用いる前十字靭帯再建術は難しく、若い男性のトップアスリートに限ると多くの膝専門医は考えていますが、それは間違いです。

私は性別年齢を問わず行える独自の手術方式を開発し、1993年から今日までで1700例に前十字靱帯再建術を行い、きわめて良好な結果を得ています。

膝屈筋腱を用いた緩んだ再建靱帯
膝蓋腱を用いた再建靱帯

手術operation

関節鏡手術に関しては、膝関節、足関節、肩関節、肘関節とほぼ全身の関節に対して対応しております。
また、その他の手術についても豊富な経験から対応可能です。